ダウン症の我が子を愛せるのか不安だった。。。今は?

こんにちは。新米パパのすおいです。

ひー様、かわいいです。

ひー様の第一印象

ひー様が産まれた日、立ち合い出産させてもらうことができたので、私がひー様と初めて出会ったのはもちろん病院の分娩室です。

妻が頑張ってくれて、助産師さんがひー様を取り上げてくれました。

そして、助産師さんから

「パパさん、赤ちゃん抱っこできますよ。写真も撮れますよ。」

と言ってくれました。

以前もお話ししましたが、寝かされているひー様を始めて見た瞬間私は

「んっ!?、、、ダウン症!?

と感じ、正直少し気持ちが引いてしまいました。

なので、先生からダウン症の疑いについて宣告された時も「やっぱりかぁ。」と思っただけで、ショックは少なくて済みました。

しかし、妻は泣き崩れ、過呼吸気味になるくらいショックを受けていたので、先生の説明は私が冷静に聞くことが出来たので逆に良かったのかもしれません。

ダウン症の子供を育てていく事に対する不安と、「なぜうちに?」という神様に対する不満などを感じ、ひー様のことを可愛いと思えるのかとても不安でした

つまり、

「 不安 > 可愛い 」

だったのです。

二か月が経ちました。

これまでひー様を見てきて

「あ~、ダウン症だなぁ。」と思うときもあれば、

ひー様がダウン症であることを忘れてしまっているときもあります。

今となっては、ひー様がダウン症であろうが無かろうが、全く関係なく100%はっきりと言い切れます!

ひー様、めちゃくちゃ可愛いです。 親バカですかね?(笑)

ダウン症であることや、心臓の病気のこと、今後発症する恐れのある合併症等の不安はもちろんありますが、このことが原因でひー様を愛せるのか、可愛いと思えるのかという不安を持っていたことについて、今となってはそんなことを考えていた自分が恥ずかしいくらい、全く不安は無く、無条件に可愛いです。

うちと同じように、授かった子どもがダウン症だと診断され、私と同じような「愛せるのか?」といった不安を持っているパパさんがいたら安心してください

メロメロに愛しちゃいますから(笑)本当にカワイイ♡

ひー様の表情紹介

ひー様の笑顔

ひー様、不満そうな顔

ひー様、泣き顔  

ひー様、寝顔

親バカの新米パパならではの我が子自慢。。。

誰も興味ないですよね。失礼しました(笑)

 

今回はこの辺りで Hẹn Gặp Lại.

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村
The following two tabs change content below.
アバター
三年間の妊活(不妊治療)を経て,40歳にしてパパになることができました。 ダウン症や心臓の病気を持って生まれ、一生懸命に生きる愛娘ひー様と初めての子育てに挑戦中!これを機に,今までやったことのない事などにもチャレンジして「何かを始めるのに遅過ぎることはない」を実践していきたいと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

三年間の妊活(不妊治療)を経て,40歳にしてパパになることができました。 ダウン症や心臓の病気を持って生まれ、一生懸命に生きる愛娘ひー様と初めての子育てに挑戦中!これを機に,今までやったことのない事などにもチャレンジして「何かを始めるのに遅過ぎることはない」を実践していきたいと思います!!