スマスイ(神戸市立須磨海浜水族園)へ行ってきました。オススメの駐車場情報も有り。

夏休みに予定している埼玉の実家への帰省プランの変更を余儀なくされているすおいです。(@suoi40_papa40

今回はひー様とのお出かけシーリーズです。

神戸市が誇る水族園、誰もが一度は来たことがある「スマスイ」こと須磨海浜水族園に行ってきました。

スマスイ(神戸市立須磨海浜水族園)へ

今回、私たちがスマスイへ行った理由は、「水族館って涼しそうやん」だけです(笑)

去年の夏はコロナが無かったので、ひー様を連れてイオンモールへお出かけ(涼み)に行くのが定番でしたが、今年はコロナのせいで人が集まるイオンモールにはあまり近寄らないようにしています。

しかし、ハンパない暑さのため近所の公園へお散歩に行っても長時間は無理だし、ひー様も汗だくになるだけののでなかなか外に出られない状況です。

一応、緊急事態宣言も解除されたという事でイオンモールなども営業が再開され、一度買い物に出かけましたが、人が通常よりも少ないとはいえやはり長居はできず、目的の用事が済めば直ぐに帰ってしまいました。

短時間でもいいので、どこか営業している場所で出かけれそうなところはないかと考えましたが、今はコロナと同時に暑さ(熱中症)への恐怖もあるので、ひー様を連れて迂闊には出かけられないと引きこもっていました。

そして、思いついたのが「水族館って涼しそうやん?」でした(笑)

いざ、スマスイへ

現在、コロナの影響でスマスイもネット等で事前に予約をしておかないと入場できないとのことで、ネットで予約をしようとしましたが、年パスを持っている or 年パスを購入する場合は予約不要とありました。

もし、水族館が涼しくて、近くに安い駐車場さえあればお出かけの先発ローテーション入りは確定するので、年パスを買ってしまおう!と予約なしで行くことにしました。

ちなみに、療育手帳を持っていれば付き添いの方1名も無料とのことでしたが、ひー様はまだ療育手帳は持っていませんので、2人分の年パスを購入しました。

大人の入園料が1300円で、年パスが3000円なので3回通えば元が取れます。(これは関西人的思考か)

年パスは顔写真入りなので、最初にデジカメで写真を撮りますが、私は抱っこひもでひー様を抱っこしていたのでひー様を妻にパスしようとすると、スマスイスタッフが「お子様とご一緒でも大丈夫ですよ。」と言ってくれてひー様と二人で写してもらった写真で年パスを作成してもらいました✌✨

さすがに撮り直してくれとは言えず、ひー様の顔もイマイチのままでOKしました(笑)

スマスイスタート!!

何気にスマスイは敷地がかなり広いです。

イルカやペンギンやラッコなどは本館ではなく、屋外に展示スペースがあり、小さい遊園地もあります。

波の大水槽

本館からスタートで、一番目には大水槽がデデーン!です。

予想外にひー様大興奮でキャッキャ♫キャッキャ♫とはしゃいでくれたので、それだけで来た甲斐があったと思いました。

サメを指さすひー様

サメが来たよとひー様に知らせるすおいパパ

満足気なひー様

本館内の別の水槽

その後も色んなお魚を見てはキャッキャ♬キャッキャ♬はしゃいでくれてとても嬉しかったです。

綺麗な熱帯魚に見とれるひー様

フグを見つけたひー様

マアナゴの住宅事情に驚くひー様

ネコザメと会話を試みるひー様

イワシの大群にビックリ仰天のひー様

などなど、他にも色んな水槽がありましたがそれはまた別の機会に(笑)

お昼休憩と昼食

お昼は園内唯一のレストラン「和楽園」で食事をしましたが、やはり若干お値段高めかなと思いました。

お蕎麦のセット¥950也

ハンバーグのセット¥1200也

でも、この炎天下でお外の売店で軽食を買って、ベンチでひー様に食事させることを考えるととても助かりました。

ひー様には持ち込みのお弁当を。

少し早めの11時20分くらいに行ったのですが、空いてました

値段の関係でお客はあまり入らないのかなとか思っていましたが、12時前くらいから混みだして、私たちが会計をしたころには数組が並んでいる状態だったので、早めに入ってて良かったです。

まわりのお客もほぼほぼ子供連れの家族客でした。みんな子どもと一緒で幸せそうでしたが、うちもひー様と一緒でとても幸せな時間でした

こういう場所は不妊治療中には絶対来れなかった、若しくは来ても早々に帰ってしまう場所の一つです。こんな場所でこういう時間を過ごしていると、

  • ひー様がうちに来てくれて本当に良かった
  • ひー様がくれた幸せだよなぁ

と、ひー様に感謝しちゃいます

お昼休憩後は、炎天下の屋外へ

昼食後、ひー様は抱っこひもから愛車のサイベックスに乗り換えてやる気十分でゴーサインを出していました

こんな勢いで本館から出て、アマゾン館やペンギンのブースへ行きました。

アマゾン館では淡水魚No1のデカさを有するピラルクにひー様も圧倒され、

ペンギンのブースでは、1羽のペンギンにひー様が挨拶をすると、、、

なぜかひー様の前に3~4羽のペンギンが泳いで集まってくれて、ひー様も大興奮でした!!

ひー様にはペンギンを惹きつける力でもあるのか?とOYBな考えをしてしまいます(笑)

イルカの方はちょうどショーの時間で入場できず、ラッコやその他の場所は「年パスあるから、他のところは次回にしよう。」と、暑さのためギブアップしてしまい回らず仕舞いでした。(;´∀`)アツスギヤァァ

スマスイの感想

ひー様は遊園地には行きませんので、短時間でも大満足でした!!

興奮し過ぎて体力を消耗したのか、再び本館に戻ったときには、、、

お休みしていました。ZZZ(笑)

暑いのでひー様より先に私たち親の方がバテてしまいそうだったので、まだ遊園地に行きたいという年齢じゃなくて助かりました(笑)

年パスがあるので絶対にまた行きますが、夏の間は短時間で帰ることになるでしょう。

今度はイルカやラッコも見せてあげたいです

スマスイ周辺の駐車場について

須磨水族園に専用駐車場はありません

隣に須磨海浜公園駐車場(第一と第二)がありますが、駐車料金の上限がなく長時間利用するのは怖いです。

●平日(7&8月を除く)

最初の1時間:300円で、以後は1時間ごとに+200円(1日の最大料金:700円)

★土・日(と7&8月の平日)

最初の1時間:400円で、以後は1時間ごとに+200円(1日の最大料金なし

です。

この日の私たちのスマスイ滞在時間は約4時間でした。

8月なので曜日に関係なく上記★の料金が適用されるので、4時間だったとしても1000円、4時間をオーバーしてて5時間の値段になっていたら1200円と言うことになります。少し高いですよね。

周辺に1日最大料金の設定があるコインパーキングがいくつかあって、ネットで周辺の駐車場を検索しまくりましたが、600円~900円か1000円くらいが相場でした。

最安(最大料金600円)でスマスイに近い駐車場(徒歩5分くらい)もありましたが、駐車スペースが5~6台くらいしかなかったので、そこを目指して行って、もし満車だった場合、次を探す時間がもったいないし面倒くさいなぁと思っていたところ、、、

見つけたのが、須磨ヨットハーバー駐車場です!!

お札は1000円札しか使えないので注意!!

この駐車場は1日最大料金600円と最安で、駐車した後、駐車場北西角から上記の須磨海浜公園駐車場の方へ徒歩で抜けることが出来ます。200台くらい駐車可能!

見にくいですがの駐車場からのスマスイ入り口まで約6~700m(徒歩で10分前後)で到着出来ます。

の駐車場北西角にある歩道を抜けるとに出ます。

駐車場を西に歩いて行くと第一駐車場のバス専用駐車スペースがあり、そこを更に進んで行くとに着きます。

の地点でゴーサインを出すひー様

の地点を直進(西方向)すると須磨海水浴場に行くことが出来るので、海水浴に行くときにもこの駐車場は使えるなぁと思いました。

スマスイへ行くので、ここを北に進むと公衆トイレがあって、の辺りに第一駐車場の西出口があります。

第一駐車場の西出口

この先を左折します。角にある交番の前を通って西に進んで行くとスマスイの入り口に到着です。

この日はかなり暑かったので、10分だけとはいえ長時間に感じましたが歩けない距離ではなかったですね。

ヨットハーバーの駐車場には影になるような建物や木などは有りませんでしたから、戻って来たときの車内の暑さはヤバかったです。( ノД`)アツゥ~イ

それでも、かなりオススメの駐車場ではないかと思います。私は次回以降も使いますっ!!

スマスイを満喫したひー様でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

感想やアドバイスなどがあればコメントを頂けると嬉しいです。

今回はこの辺りで ✋   Hẹn Gặp Lại. (またね)

下の⇩「応援ボタン」をポチリと押してくれたら喜びますm(__)m
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

The following two tabs change content below.
すおい
三年間の妊活(不妊治療)を経て,40歳にしてパパになることができました。 ダウン症や心臓の病気を持って生まれ、一生懸命に生きる愛娘ひー様と初めての子育てに挑戦中!これを機に,今までやったことのない事などにもチャレンジして「何かを始めるのに遅過ぎることはない」を実践していきたいと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

すおい

三年間の妊活(不妊治療)を経て,40歳にしてパパになることができました。 ダウン症や心臓の病気を持って生まれ、一生懸命に生きる愛娘ひー様と初めての子育てに挑戦中!これを機に,今までやったことのない事などにもチャレンジして「何かを始めるのに遅過ぎることはない」を実践していきたいと思います!!